中国株 | リタイア生活中のブログ、経済的自由をアフィリエイト・株・不動産投資で実現!!

中国株の中国信達資産管理を購入

中国株中国信達資産管理購入しました。

またまた、中国株を購入しました。

先日購入した中国華融資産管理と同じ
不良債権を処理する会社の株です。

中国信達資産管理の明細↓
kabu20151102a

→『中国株の中国信達資産管理を購入』の詳細ページへ

中国株の中国華融資産管理を購入

中国株中国華融資産管理を購入しました。

新規上場株である中国華融資産管理を購入しました。

ほぼIPOの募集価格と同じ金額で購入できました。

中国華融資産管理の明細↓
kabu20151102

→『中国株の中国華融資産管理を購入』の詳細ページへ

中国株の中国再保険集団を購入しました。

中国株中国再保険集団を購入しました。

一応、中国株が落ち着きを取り戻しているように考え、
世界的にリスク要因がなくなりつつことを視野に、
久しぶりに中国株を購入しました。

購入した中国株の明細↓
kabu20151029

→『中国株の中国再保険集団を購入しました。』の詳細ページへ

中国株の東江環保が46.81倍になった理由

中国株東江環保(ドンジヤン カンポ)が46.81倍になった理由をご紹介します。

私は中国株で長期投資を2003年5月から
2015年5月26日まで行っていました。

それまでに随分と儲けることができました。

中国株のテンセントで1億2436万7325円儲けた理由

そして、東江環保(ドンジヤン カンポ)でも、
1546万2110円儲けることができました。

kabu20150528d

これには明確な理由があって
東江環保(ドンジヤン カンポ)の株を購入したのです。

→『中国株の東江環保が46.81倍になった理由』の詳細ページへ

中国株のテンセントで1億2436万7325円儲けた理由

中国株のテンセント1億2436万7325円儲けた理由をご紹介します。

2015年5月26日に、
私が所有するほとんどの中国株を売却しました。

その中で、一番儲けたのがテンセント株です。

テンセント株の儲け↓
kabu20150603

1億円以上儲けた理由は、はっきりしています。

→『中国株のテンセントで1億2436万7325円儲けた理由』の詳細ページへ

中国株の奇虎360(チーフサンロクマル)を購入しました。

中国株奇虎360チーフサンロクマル)を購入しました。

正確には、アメリカのニューヨーク証券取引所に
上場をしている中国企業の奇虎360のADRを購入しました。

奇虎360の明細↓
kabu20141205

→『中国株の奇虎360(チーフサンロクマル)を購入しました。』の詳細ページへ

2014年11月17日に滬港通が開始されたが…

中国の上海証券取引所と香港証券取引所で
滬港通開始されたが、予想外の状況となっています。

私は中国株に投資を始めたのは、2003年5月です。

それから、11年半経ちましたが、
滬港通が導入されることを望んで、
長い期間、中国株に長期投資をしてきました。

しかし、実際に滬港通が導入されますと、
予想外の状況となりました。

→『2014年11月17日に滬港通が開始されたが…』の詳細ページへ

アリババの株を購入しました。

アリババを購入しました。

アメリカのNY証券取引所に9月に上場をした
中国企業のアリババの株を購入しました。

kabu20141106

→『アリババの株を購入しました。』の詳細ページへ

中国株のアリババが上場しましたが…

中国株アリババがニューヨーク証券所に上場しましたが…

史上最高のIPOとして鳴り物入りで上場をした
アリババですが、現在、私は購入をしていません。

→『中国株のアリババが上場しましたが…』の詳細ページへ

中国株のテンセントが株式分割とアリババが米国で上場予定

中国株テンセント株式分割をする予定であり、
アリババが米国で上場予定であることが、最近のニュースで流れました。

私は、2003年5月から中国株に投資をしています。

初めてまともな株式投資をしたのが、いきなり中国株でしたが
テンセント株などを上場直後に購入をして
現在、投資額を100倍以上に増やしています。

そのテンセント株が、株主総会で承認されれば、
2014年5月15日に1株⇒5株に株式分割されます。

私が所有する中国株のテンセントの収支↓
kabu20140326

→『中国株のテンセントが株式分割とアリババが米国で上場予定』の詳細ページへ

中国株の万科企業を損切りしました。

中国株万科企業損切りしました。

深センB株から香港H株に転換上場予定でしたが、一向に上場をせずに、中国株の市場悪化をする前に仕方なく損切りをしました。

万科企業の売買明細↓
kabu20130626

→『中国株の万科企業を損切りしました。』の詳細ページへ

中国株の深センB株、万科企業の株を約300万円分購入しました。

中国株深センB株万科企業の株を約300万円分購入しました。

これは、深センB株から香港H株へ転換をすることが発表されたことで、株の値上がりをする確率が非常に高いからです。

kabu20130123

→『中国株の深センB株、万科企業の株を約300万円分購入しました。』の詳細ページへ

中国株の中国建材の配当金、手取り3万6689円。利回り約3.63%

中国株中国建材の配当金、手取り3万6689円を受け取りました。

今年の中国株の中国建材の株主配当は、配当金だけでなく、株数も無償で2倍に増やしてくれました。

→『中国株の中国建材の配当金、手取り3万6689円。利回り約3.63%』の詳細ページへ

テンセントという中国株でお金儲けをして稼いで成功している例。

私が、テンセントという中国株でお金儲けをして稼いで成功している例をご紹介します。

私は、お金儲けを中国株の投資、アフィリエイトで実践しています。

その中で、最も現時点でお金儲けに成功しているのは中国株の投資です。

その中国株の投資の中でもテンセントという銘柄の投資が、現時点で一番稼いでいます。

上記の画像は、私の証券口座の3月25日現在のテンセントという銘柄の収支です。

私の持っているテンセントの株は、現在時価が2013万9840円になっています。

そして、このテンセント株による儲けが1961万1440円です。

私は、このテンセントの株を52万8400円で購入しています。(正確な事は、昔のことですので忘れました。あくまでも計算上です。)

それが、現在約38倍になっています。

このテンセント株が、現在私が最もお金儲けに成功して稼いでいるものです。

この中国株のテンセントは、ここ5年で、世界でも株価が上昇した割合が、ベスト10に入るほどの株価の上昇が激しい銘柄です。

Googleで、「テンセント」と検索すれば、どのような企業かは理解できると思います。

テンセント

私は、このテンセントの株を上場して(発売開始後)直後に、超格安で購入しました。

なぜ、この中国株のテンセントを上場直後に、超格安で購入できたのか?

これは、日本のヤフーの株価の成長力のスゴサの話を知っていたからです。

ヤフーとは、あのポータルサイトのYahoo!です。

ヤフーの株は、1997年に株が上場した時は、154万円でした。

そのヤフーの株をそのまま所有していると、2006年には2億円を軽く超えてました。

私は、この話を知っていて、中国の株でインターネット関連の企業で、圧倒的シェアを誇るヤフーのような企業を探していました。

その当時の中国は、経済発展が今以上に著しく、インターネットの普及も、これからという状況でした。

まさしく、日本のヤフー株のような株の値上がりが、中国でも再現されると考えていました。

そこで、2004年、テンセントという中国のインターネットであるサービスに関して圧倒的なシェアを誇る企業が株を上場すると知ったのです。

私は、上場してすぐに、このテンセントの株を購入しました。

そして、2011年、現在、テンセントの株は約1960万の儲けを出しています。

世の中には、いろいろな情報が渦巻いています。

特にアフィリエイトなどは、あまりにも情報が多すぎて、何を信じていいのか分からない点があります。

しかし、現実に起きた成功例は、また、再現される可能性はあります。

インターネットを使って情報を集めていますと、怪しい情報がたくさんありますが、いろいろな人の成功例は、マネをする価値はあります。

これは、株式投資などの世界ではなく、アフィリエイトの世界でも通用します。

特に、SEO対策などは、実践してみないと分からないと事だらけです。

お金儲けをしたければ、とにかく行動をすることが一番です。

もちろん、行動することによって失敗もあります。

しかし、その失敗を糧にしてこそ成功に導くとこができる方法が、生み出すこともできます。

普通の人より、お金儲けをしたいと考えるのであれば、まずは、いろいろな情報を知って、その情報を実践して行動することが大事です。

一緒に読みたい関連記事

中国株で長期投資をするのと、アフィリエイトで稼ぐコツは一緒!

中国株の東江環保が株式併合されました。

中国株の配当金、2010年度は手取り52万3651円。

中国株の現在の私の保有銘柄。2011年1月1日現在。

中国株を久しぶりに購入しました。

中国株の東江環保が株式併合されました。

私の保有している中国株東江環保が株式併合されました。

株式併合の比率は、10:1です。

私の東江環保の株の保有は、10万株でしたので、1万株になりました。

そのかわり、株価は10倍です。

この株式併合、日本では、株価が下がる可能性が高いです。

その理由は、株価が10倍になって持ち株が10分の1になりますと、株価が割高に感じて売る人が増えます。

ただし、あくまでも日本での話です。

アメリカなどの株式相場では、2000年頃までは、株式分割によって、株主の所有する株を増やして、そのかわり株価を下げることにより、株を買いやすくして、株価を上げていました。

しかし、2000年を過ぎたころからは、株価が下がりますと、株式併合をして、株主の所有する株を減らす代わりに、株価が高くなります。

そのため、株価を上げる方法をして、よく株式併合が行われるようになりました。

今回、東江環保が株式併合したのは、上海A株を発行するために、株の額面を上げる必要があったからです。

中国株では、今まで、株式併合後、株価がどうなっているかと言いますと、株価は上がっているみたいです。

あくまでも、私がインターネットで調べた限りです。

私の個人的な気持ちとしては、前々からこの株式併合の話は知っていまして、東江環保の株式併合は反対でした。

ただ、私の力では、どうもなりません。

ここで、この東江環保の株を売ってしまえばいいじゃないか?

このように思われる方もいるかもしれません。

しかし、この東江環保は、中国株の環境銘柄で超有望株です。

事業内容は、工場から出る汚水を処理して、その汚水から抽出される銅を販売しています。

今の中国は、経済発展が著しいですから、公害の問題もたくさん出てきています。

そのような現在の中国の状況を考えますと、この環境銘柄の東江環保の発展する可能性はかなり高いと私は考えています。

このような理由で、東江環保の株を売りたくないのです。

私は、この東江環保の株は、確か記憶によりますと、2003~4年頃、購入しています。(はっきりといつ頃かは、忘れました。)

その当時から、現在の株価を見ますと、10倍以上上がっています。

私の所有する中国株では、ずいぶんと利回りが良い株です。

今回、東江環保が株式併合されたことにより、株価にどのような影響を与えるかは、分かりません。

しかし、東江環保の事業内容と将来性を考えれば、もし今後株価が下がった場合は、中国株に投資をするにはおススメの株です。

東江環保の株価が下がった場合は、株式併合の影響の可能性が高いです。

株価が下がった時に、株を購入しておけば、数年後は、株価がまた上がって、かなりの儲けを期待できると私は考えています。

お金儲けを株式投資で考えている人は、ぜひ、参考の銘柄にしてください。

こちらから、私の中国株の保有銘柄が分かります。

リタイア生活中のブログ、経済的自由をアフィリエイト・株・不動産投資で実現!! TOP » 中国株